NewSpeed FAQ

Q01.対応環境について

電子版配信システムをご利用いただくために必要な環境となります。

2016年3月現在


*1
動作確認は最新のサービスパック、アップデートが適用された環境で実施しております。
最新のサービスパック、アップデートが適用されていない環境で発生する不具合については、サービスパック、アップデートを適用する事でご対応下さい。
Windows RT には対応していません。

*2
64bit版のOSの場合も32bit版のブラウザをご利用ください。
「Windows Edge」には対応していませんので、InternetExplorerもしくはFireFoxをご利用ください。

*3
簡易動作確認のみ実施しているため、不具合が生じた場合はバージョンアップでご対応下さい。
()表記のブラウザの場合は、正式サポート対象のブラウザを使用することでご対応下さい。

*4
chromeバージョン42以上ではAdobe Readerプラグインが動作しなくなったため、サポート対象外となります。

*5
Adobe Reader X、XIでも簡易動作確認はしておりますが、コンテンツが表示されない場合は、Adobe Acrobat Reader DCの最新バージョンへアップデートして閲覧をお試しください。
Adobe Acrobat Reader DCがインストールされている場合でも2015.008.20082以前のバージョンでは不具合により閲覧頂けませんので、 Adobe Acrobat Reader DC最新版へのアップデートをお願い致します。

Q2 ログインについて

下記の画面のように「すでに閲覧者がいます」という表示となる場合、1もしくは2の原因が考えられます。


1、別のパソコンもしくは別のブラウザからログインしているため。
2、前回の終了時、ログアウトをせずにブラウザを閉じ、別のブラウザを使用してログインをしたため。

1の対処方法
別のパソコンもしくは別のブラウザからログアウトをした後、ログインをお試しください。

2の対処方法
(1)もしくは(2)の方法をお試しください。
(1)前回ログインの接続が残っているためとなりますので、前回閲覧時に使用したブラウザでログインできるかお試しください。
ログイン可能であれば、ログアウトをしていただくかそのままご利用ください。
(2)30分お待ちいただいたのち、ログインをお試しください。
※何もしない状態で30分経過すると接続が解除されます。

Q3 印刷について

配信コンテンツは暗号化されているため、ブラウザの印刷機能からは印刷を行うことはできません。
印刷する場合は、記事中にあるadobeのツールバーより行ってください。

<印刷方法>
(1)adobeツールバーは記事コンテンツ中にマウスカーソルを合わせますと下記画面のようにツールバーが表示されます。
(2)赤枠内のプリンタアイコンをクリックします。

Q4 データ保存について

配信記事コンテンツはマイページ上からのアクセスのみでご利用いただけます。
著作権保護のため暗号化されていますので、ファイルとして保存してもファイル単体ではご利用いただけません。

Q5 Adobe Readerの設定確認(Windows)

コンテンツが表示されない場合、Adobe Readerに関して下記2点が原因となっている場合があります。
1、Adobe Readerがインストールされていない。
2、Adobe Readerの設定に問題がある。

下記対処方法は電子版よりログアウトした状態で、実施してください。

1、Adobe Readerがインストールされていない。
Adobe社のサイトよりダウンロードを行ってください。
Adobe Readerダウンロードページ
インストール完了後、電子版へログインしていただく前に、Adobe Readerを単独で起動させた後、閲覧をお試しください。
※社内ルール等でダウンロード及びインストールが困難な場合は、システム管理者様へご相談下さい。

2、Adobe Readerの設定に問題がある。
Adobe Readerの設定をご確認ください。
(1)「Acrobat Javascript」が有効になっていることを確認
編集→環境設定→Javascript→「Acrobat Javascriptを使用」にチェックが入っているか確認をしてください。
ご利用のブラウザを立ち上げなおした後、閲覧をお試しください。
※ ブラウザのキャッシュの影響もありますので、ブラウザのキャッシュをクリアしてから閲覧してください。その際cookieは削除しないように注意してください。


(2)「PDF文書をWebブラウザに表示」が有効になっていることを確認
Adobe Reader XIをご利用の場合
編集→アクセシビリティ→設定アシスタントを選択します。

アクセシビリティ設定アシスタント~アクセシビリティ設定アシスタント(画面4/5)まで「次へ」で進みます。
アクセシビリティ設定アシスタント(画面5/5)で「PDF文書をWebブラウザに表示」にチェックをいれます。
ご利用のブラウザを立ち上げなおした後、閲覧をお試しください。


※Adobe Reader Ⅹをご利用のお客様 手順が異なりますので、下記手順を実施してください。
編集→環境設定→インターネット→「PDFをブラウザに表示」にチェックを入れる。
ご利用のブラウザを立ち上げなおした後、閲覧をお試しください。


問題が改善されない場合はご利用のブラウザ設定に問題がある可能性がありますので、切り分けフローへ戻り、ご利用のブラウザに応じた設問をご参照ください。

Q6 Adobe Readerの設定確認(Mac)

Mac環境で閲覧ができない場合、下記の原因が考えられます。
・ Safari PDF ビューアが有効となっている。

Adobe Reader プラグインを使用するように Safari の環境設定をご確認ください。

下記手順にて設定をご確認ください。
1、Safari を起動し、環境設定を選択します。


2、環境設定ウィンドウで、「セキュリティ」を選択して、インターネットプラグインの「Web サイト設定を管理」ボタンをクリックします。


3、プラグインのリストで「Adobe Reader」を選択します。
「ほかの Web サイトにアクセスしたとき」オプションの下にあるドロップダウンリストで、「常に許可」を選択し、「完了」をクリックします。

Q7 Internet explorer利用時

InternetExplorerをご利用時に閲覧できない場合、下記の原因が考えられます。
(1)ActiveXフィルターが有効になっている。
(2)アドオンが無効になっている。
(3)アドオンが動作していない。

下記対処方法は電子版よりログアウトした状態で、実施してください。

(1)ActiveXフィルターが有効になっている。
ActiveXフィルターが有効になっている場合、コンテンツ表示がされませんので、OFFにしてください。
ブラウザ右上の①歯車アイコンよりメニューを展開し、②「セーフィティ」→③「ActiveXフィルター」にチェックが入っていないことを確認する。
チェックが入っている場合は「ActiveXフィルター」をクリックして、チェックを解除してください。
InternetExplorerを一度終了して再度起動した後、閲覧をお試しください。


(2)アドオンが無効になっている。
アドオンの管理を開き「Adobe PDF reader」を有効にします。
ブラウザ右上の①歯車より②アドオンの管理を開きます。

③表示「すべてのアドオン」を選択し、④の「Adobe PDF Reader」を選択します。
⑤が「無効にする」となっていることを確認します。
「有効にする」となっている場合はアドオンが無効になっていますので、1回クリックして「無効にする」としてください。
InternetExplorerを一度終了して再度起動した後、閲覧をお試しください。


(3)アドオンが動作していない。
アドオンが有効になっているにも関わらず表示されない場合、アドオンが正常にロードされていない可能性がございます。
下記手順にてアドオンの再起動をお試しください。
ブラウザ右上の①歯車アイコンより②インターネットオプションを開きます。

③詳細設定タブへ移動してください。
画面下部にある④リセットボタンを押下します。
確認ウィンドウが別途表示されます。

⑤「個人設定を削除する」のチェックが外れていることを確認し、⑥リセットを押下します。
PCの再起動を行い、閲覧をお試しください。


(1)~(3)まで実施したのちも改善されない場合はAdobe Readeのファイルが破損している可能性がありますので、再イントール後お試しください。
※社内ルール等でダウンロード及びインストールが困難な場合は、システム管理者様へご相談下さい。

Q8 Chrome利用時

Chromeバージョン42以上ではコンテンツ表示で必要となるAdobe Readerプラグインが初期設定で無効となっている為、コンテンツを閲覧することができません。
Google社より提示された下記方法にて、Adobe Readerプラグインを有効化して頂くことで、Chromeにて閲覧することが可能です。
※本設定変更が利用可能なのはChromeバージョン44までとなります。

バージョン45以降のChromeにつきまして
バージョン45以降のChromeではAdobe Readerプラグインを動作させるための NPAPIサポート機能自体が削除されておりますので、ご利用いただけません。
InternetExplorerもしくはFireFoxにて閲覧頂くようお願い致します。

・Adobe Readerプラグインの有効化(バージョン44まで)
(1)Chromeの検索欄に Chrome://flags と入力します。
(2)試験運用機能の一覧が表示されますので、この中の「NPAPIを有効にする」を有効にします。

(3)Chromeのウィンドウを全て閉じてChromeを再起動します。
(4)アドレスバーへ「chrome://plugins/」もしくは「about;plugins」と入力します。
プラグインの設定画面が表示されますので、下記プラグインをそれぞれ設定します。
「Chrome PDF Viewer」・・・無効にする
「Adobe Reader」   ・・・有効にする
(5)Chromeを再起動し、閲覧をお試しください。

Q9 FireFox利用時

FireFoxをご利用時に何も表示されない、「閲覧不可」といったメッセージが表示されて閲覧できない場合、下記の原因が考えられます。
(1)アドオンが無効になっている。
(2)PDFを表示する動作設定に問題がある。

※本FAQはFireFox42.0を使用して作成しております。
ご利用のFireFoxのバージョンにより画面が異なる場合があります。

下記対処方法は電子版よりログアウトした状態で、実施してください。

(1)アドオンが無効になっている。
下記図中の①→②の順で操作をしてアドオン管理画面を開いてください。

①アドオン管理画面のAdobe Acrobatの状態を確認します。
②「無効」となっている場合は、「常に有効化する」へ変更してください。
③FireFoxを立ち上げなおした後閲覧をお試しください。
※改善されない場合、FireFoxのキャッシュファイルを削除してお試しください。


(2) PDFを表示する動作設定に問題がある。
下記図中の①→②の順で操作をしてアドオン管理画面を開いてください。

①オプション画面の左側のメニューより「プログラム」を選択します。
②プログラム画面が表示されましたら、「PDF文書(PDF)」にある取り扱い方法を確認します。
③取り扱い方法を「Adobe Acrobatを使用(FireFox内で表示)」へ変更してください。
④FireFoxを立ち上げなおした後閲覧をお試しください。
※改善されない場合、FireFoxのキャッシュファイルを削除してお試しください。

Q10 Windows10をご利用の場合

Windows10でコンテンツが表示されない場合の対処方法となります。

電子版は「Microsoft Edge」に対応しておりませんので、下記手順にてInternetExplorer11へ切り替えてください。

1、デスクトップ画面を表示し、左下にある「スタート」ボタンをクリックし、スタートメニュー中の「すべてのアプリ」をクリックします。
 

2、スタートメニューの左側にアルファベット順でアプリの一覧が表示されます。
「Windowsアクセサリ」をクリックし、表示された一覧から「Internet Explorer 11」をクリックします。
設定によっては「Internet Explorer 11」が個別に表示されている場合があります。
 

参考情報
お知らせメールに記載されたURLをクリックして閲覧している場合は既定のブラウザを変更する必要があります。
1、「スタート」→「設定」→「システム」の順にクリックします。
 

2、「システム」が表示されます。
「既定のアプリ」をクリックし、「Webブラウザー」欄のブラウザー名をクリックします。
「アプリを選ぶ」が表示されたら、「Internet Explorer」をクリックします。
※ 「Internet Explorer」と表示されている場合は、すでにInternet Explorerが既定のブラウザーに設定されています。
 

3、「Webブラウザー」欄に「Internet Explorer」と表示されていることを確認したら、「設定」画面を閉じます。

Q11 パスワード再発行

「IDまたはパスワードが違います」と表示されて、ログインできない場合は、ご入力いただいているメールアドレス、パスワードを今一度お確かめください。

初回ログインでログインできない場合は、入力パスワードをご確認ください。
入力時、0(数字のゼロ) O(大文字のオー) 1(数字のイチ) l (小文字のエル)等間違えやすい文字がありますのでご注意ください。
購読登録メールに記載されたパスワードをコピーペーストで入力頂いても構いません。
コピーする際に前後の空白を含めないようにご注意ください。

ログインのためのパスワードがわからない場合、ログイン画面よりパスワードの再発行を行ってください。

(1)下記ログイン画面中の赤枠内「パスワードを忘れた場合」をクリックしてください。

(2)別ウィンドウが表示されますので、ご登録のメールアドレスを入力してください。

(3)ご登録いただいたメールアドレスへパスワード再設定の案内メールが送信されます。
メール文面中のURLをクリックしてパスワード設定画面へ移動してください。
※メールが届かない場合は入力いただいたメールアドレスに誤りがある、もしくは迷惑メールフォルダへ移動している可能性がございますので、ご確認ください。

(4)新しいパスワードを入力し、「新しいパスワードを設定する」をクリックしてください。
※設定するバスワードは8文字以上にてお願いいたします。


※メールアドレスを変更される場合は、購読開始メールもしくは配信お知らせメール下部に記載されている連絡先へご連絡をお願いします。

Q12 ネットワーク制限に関して

「 Webサイトによってこのページの表示を拒否されました」といったエラー表示となる場合は、社内ネットワークもしくはパソコンにおいて何らかの制限をされている可能性がございます。
(例:外部インターネットへのアクセス制限、Web上のPDF閲覧の制限等)

お手数ですが、システム管理者様もしくはネットワーク管理者様へご相談ください。

Q13 NSブラウザについて

スマートフォン、タブレット等のモバイル端末にて記事コンテンツを閲覧をする際に下記のような現象となる場合の対処方法となります。
・「ページを開けません」といった表示
・AppStore/Google Playへ画面が自動的に切り替わる

ご利用の端末に「NSブラウザ」がインストールされていないためとなります。
お手数ですが、表示された画面の案内に沿って「NSブラウザ」アプリをインストールしてください。

インストール後は再度ログインをして頂いた後に閲覧をお試しください。

Q14 通信状況の確認

スマートフォン・タブレットでの閲覧時、通信状態が悪い場合や、接続ができず読込みが正常に完了していない場合は、閲覧できないまたは動作が重くなることがございます。

通信環境の良い場所に移動して閲覧ください。

閲覧環境に関わらず、キャッシュ情報を削除すると解決する場合もございます。